OFFさん その他 40歳代 女性

同居家族がいる場合でも在宅ケアは受けられますか?

78歳で要介護1の父親がいます。父親のケアプランについて相談です。家族全員仕事を持っているため、3年ほど前からケアマネジャーにお願いしてケアプランを作成してもらい、訪問介護のお世話になっています。日中不在になるため、食事などの介護をお願いしたいのですが、同居の家族がいる場合、生活援助(家事援助)を受けられない場合があると友人から聞きました。自分は仕事もあり昼間の介護は難しいので、今までどおりお世話をしていただきたいのですが、もう来てもらえないのかと心配になっています。
 また、最近父は物忘れが多くなり火の消し忘れなどが増えたことも事実です。でも、自分の家が一番安心できると言っているので、できる限り今のペースを崩さず、このまま今の暮らしを続けさせてあげたいと思っています。
家族としては決まった時間に食事を取り、日中も安心して過ごして欲しいと思うのですが、良いサービスやプランについて情報をお願いします。

山田圭子 先生からのアドバイス
同居家族がいる場合でも在宅ケアは受けられますか?
もちろん受けることができます。

食事をきちんと摂ることは生活リズムを作ることや体調の管理などからみても大事なことなので、日中食事が摂れないことは心配ですね。
 

まずはケアマネジャーに確認をしてみてください。一時は法的に厳しい規制がありましたが現在はきちんとした根拠があれば、同居家族がいる場合の生活援助は制限するものではないとの厚労省からも見解が出ていますので利用ができないことはありません。ただし、介護保険による訪問介護は家政婦さんとは異なりますので、単にお昼ご飯を作ってくださいというのではなく、日常的に介護している家族の介護力などやご本人の状態など総合的にみて、介護の必要性を整理することが必要になります。ケアマネジャーによるアセスメントがきちんとできていれば、お昼の支度をする必要性の根拠がわかります。その説明をするのはケアマネジャーの役割ですので、ケアマネジャーに実際のところ利用ができるのか確認する必要があります。他の方法では配食サービスなどもありますがお父様の状態からして、目の前にお弁当を用意すれば自力で食べることができるのか否かによっても、適切な方法であるかどうか検討が必要です。介護されている方からみて、単にお昼御飯の用意だけが必要なのではなく、日中の様子などの見守りが必要な状態なので、この利用ができなくなると困る点があるのではないかとも感じます。

 
今のお話をケアマネジャーに伝えていないとか、ケアマネジャーが気づいていないこともあるので、介護している方からキチンと伝えてはいかがでしょうか。保険者の理解も得られ、利用することが可能になると思います。