さくらさん その他 40歳代 女性

食事を残すようになった父にきちんと食べてもらいたいです。

食事を取りにくくなった父のことについて相談です。父の介護をするようになってもうすぐ3年になります。父は年齢が83歳です。現在、要介護1の状態です。介護保険は特に利用していません。
とても食べることが楽しみだった父なのですが、最近は食事を残すようになりました
また、3時のおやつを楽しみにしていたのですが、季節の桜餅等の大好きな和菓子を準備しても手をつけないことがあります。おなかの調子が悪い様子もありません。
年のせいもあるのでしょうが、食事の量があまりにも少なくなり、心配しています。

食事をきちんと食べてもらうアイデアはないでしょうか?

白木裕子 先生からのアドバイス
食事を残すようになった父にきちんと食べてもらいたいです。
体と環境の両面から気をつけてみましょう。 かかりつけの医師にご相談もしてみましょう。

食べることが楽しみだったお父様が大好きな和菓子にも手をつけなくなったとはとても心配ですよね。
 

まずは、どれくらい食欲が落ちたのでしょうか?以前の半分ぐらいになったのか?
高齢者の場合の食欲低下の原因に、体と環境の両面から気をつけていく必要があるかもしれません。
 
食欲が落ちる原因のお口の問題が隠れていることが良くあります。お口の中に口内炎や歯肉炎や義歯が合わないなどの不都合はありませんか?また、舌の汚れなどからも食欲が低下することがあります。口の中はとてもデリケートなので、食欲低下につながりやすい面があります。
 
また、お通じなどの調子はいかがでしょうか?高齢者の場合は便秘から食欲不振につながることもよくあります。
 
環境面から観察すると内服薬の変更はありませんか?薬が変わって食欲が落ちることもよくあります。
 
運動量の変化はありませんか?以前に比べて、ベットで横になっている時間が増えたなど運動量が極端に減ったなど、食欲の低下の原因が何かがわかることも大切なことですね。まずは、かかりつけの医師に食欲が低下したことについてご相談をしみましょう。
 
それから、食事の内容の工夫についてはまずは、ご本人様が食べやすいものや食べたいものをおだしすることが良いと思います。
例えば、季節の野菜を使ったスープを食事に取り入れたりするのも良いと思います。
今の季節だとソラマメやグリーンピースをポタージュスープにすると喉越しもよく食べやすいと思います。3時のおやつにアイスクリームやシャーベットなどをお出しするなど
アイスクリームは口どけが良いので高齢者の方にはとても喜ばれます。
 
高齢者にとって食事は生活の楽しみですから大切にしていきたいですね。