介護・福祉の最新ニュース

認定介護福祉士制度創設へ 日本介護福祉士会が中間まとめ 研修は2段階400時間以上 マネジメント力養成を重視

<シルバー新報 4月20日号>

 日本介護福祉士会(石橋真二会長)はこのほど、「認定介護福祉士(仮称)制度」について、中間まとめを公表した。資格取得後、実務経験が7、8年程度の中堅育成がねらい。チームリーダーへの教育・指導や他職種のケアチームとの連携など、特に「マネジメント力」を重視する。研修は2段階・400時間以上で、多様な組織が参画できる仕組みを提案している。(以下略)

online casino no download