介護・福祉の最新ニュース

介護保険料が月8200円!! 一体改革実施後の2025年度、政府が推計

<シルバー新報 5月25日号>

市町村 第5期水準ですでに限界
厚労省 在宅サービス充実で上昇
現在、国会で審議中の社会保障と税の一体改革関連法案。政府が3月末に示した社会保障費用の将来推計は、この改革実施後の2025年度には、介護保険料は8200円になるという驚きの内容だ。第5期に介護保険料が全国最高レベルになった保険者などからも「保険料負担はすでに限界」として、公費の引き上げや制度改革を望む声が上がっている。 政府は、一体改革で在宅サービスが充実するため保険料も上がると淡々と説明するが、高齢者にとっては消費税が5%上がった上に、保険料も上がるということになる。リアリティがある改革なのか十分審議を尽くすべきだ。(以下略)