介護・福祉の最新ニュース

介護系でも認定NPO法人 「寄付3000円×100人」の新基準が追い風 6月1日付でふれあいネットまつど

<シルバー新報 6月1日号>

千葉県松戸市で15年に渡って地域住民による助け合い活動を行ってきた「たすけあいの会 ふれあいネットまつど」(島田喜七代表)が1日、税制の優遇が受けられる認定NPO法人となった。安定収入のある介護事業を行うNPOの認定取得はおそらく全国で初めて。昨年7月の要件緩和で追加された「3千円×100人」ルールが追い風になった。ふれあいネットでは新たに寄付を集めなくても新基準を満たす状況だったため、昨年12月にいち早く申請していた。(以下略)