介護・福祉の最新ニュース

厚労省 〝安心生活創造〟モデル普及を 北海道本別町 自治会と個人情報共有 富山県氷見市 生活支援サービスを開発

<シルバー新報 6月22日号>

厚生労働省は19日、安心生活創造事業推進検討会を開き、同事業の成果報告書をまとめた。全国から選定された自治体が、1人暮らしの高齢者などへの見守り、買い物支援といった基盤支援を行うモデル事業を実施した成果と課題を集約した。 報告書は、「支援からもれる人々への孤立防止と基盤支援」。高齢者の社会的孤立が問題になるなか、見守りが必要な人が確実に見守られている仕組み、「もれない把握」「もれない体制づくり」の確立を訴えている。(以下略)