介護・福祉の最新ニュース

厚労省 24時間サービスモデル事業 平均訪問回数にばらつき 訪問必要な夜間コールは3割

<シルバー新報 7月13日号>

厚生労働省はこのほど、定期巡回・随時対応型サービスのモデル事業を実施した全国52自治体からの報告書を公表した。1日あたりの平均訪問回数は2・6回で、1回あたりのサービス提供時間は20分未満が32・3%を占めた。サービス内容で最も多かったのは「排せつ介助」だった。(以下略)