介護・福祉の最新ニュース

長崎市 サ責はヘルパーの評価を 身体拘束の報告義務に

<シルバー新報 7月27日号>

長崎市が現在、パブリックコメントを募集している条例案では、訪問介護のサービス提供責任者の責務として、ヘルパーの業務の評価を盛り込んだ。利用者宅で行い、密室になりがちなサービスの適正化に一歩踏み込んだ内容だ。施設についても、安易な身体拘束をけん制するために、身体拘束を行った場合には市へ報告することを義務付ける。(以下略)