介護・福祉の最新ニュース

進化し続ける排泄ケア 社会福祉法人こうほうえん

<シルバー新報 8月10日号>

組織改革と「両輪」がカギ おむつゼロは10年前から
鳥取県に拠点を持つ社会福祉法人こうほうえん(廣江研理事長)のケアは進化し続けている。その代表が排泄ケア。10年かけてオムツを使わない介護を定着させてきた。アセスメントによる根拠のある排泄ケアが現在の目標だ。「一度始めたことはやめない。とにかく継続し、今がある」。法人本部の永田壽子教育研修人財部長は話している。質向上だけでなく、組織改革を両輪で進めてきたことも大きい。(以下略)