介護・福祉の最新ニュース

2013年予算初の30兆円超え 認知症や障害者支援を重点要求 厚労省が概算要求を発表

<シルバー新報 9月7号>

厚生労働省は5日、2013年度予算の概算要求を発表した。総額は30兆266億円と初めて30兆円を超え、前年度から8514億円(2・9%)の増額となった。年金や医療など社会保障費の自然増分が大半。認知症施策推進5か年計画の着実な実施や障害者の日常生活・社会生活支援のための体制整備などを特別重点・重点要求としているが、総額は1088億円に過ぎない。(以下略)