介護・福祉の最新ニュース

静岡県が介護技術コンテスト開催

<シルバー新報 9月21号>

「評価が自信に」日常のケア見直す機会にも
施設や在宅で働く現役の介護職72人が、食事や排泄ケアなどの介護技術を競い合う「介護技術コンテスト~ケアコン2012」が15日から2日間、静岡市内で開催された。日ごろ直接目に触れる機会の少ない「プロの介護」の実際に、子どもからお年寄りまで目が釘付け。参加した介護職たちからも「ケアの基本を振り返ることができた」「評価してもらえて自信がついた」などの声が上がり、会場は終日盛り上がった。(以下略)