介護・福祉の最新ニュース

「介護ロボット」普及へ

<シルバー新報 9月21号>

経産省 実用化限定で製品開発支援
経済産業省は来年度の概算要求で、新規に「ロボット介護機器開発・導入促進事業」(32・6億円)を盛り込んだ。腰のみ対応の動作アシスト機器や食事介助用機器など、有望な分野の機器に的を絞って実用化助成を行う。「これまでは介護ロボットは高機能・高価格で販売につながらなかった反省がある。手軽に安価に大量にをコンセプトに実用化を進める」(産業機械課)。2035年に4千億円の介護ロボット市場の創出を目指したい考えだ。 (以下略)