介護・福祉の最新ニュース

めざせ介護のプロ キャリア段位制度

<シルバー新報 9月21号>

今秋スタートへ
内閣府は「介護プロフェッショナルキャリア段位」の審査・認定などを行う実施機関の公募を18日から開始した。キャリア段位の最高レベルの「レベル7」はトップ・プロフェッショナルの位置付け。一方、「レベル1」はエントリー・レベル。初心者からプロ中のプロまで仕事のスキルを7段階に認定する仕組みだ。 階段を昇るように、一歩ずつ上を目指すことができる。キャリアパスを分かりやすく示すことで介護分野で働こうという人を増やすのが狙い。日本再生戦略に位置付けられた国家戦略でもある。 「キャリア段位って中止じゃないの」という方は事情通だ。今年6月に行われた内閣府の行政レビューで「廃止」と判断されていたからだ。仕切り直しが必要になったが、予定よりは遅れたものの無事スタートさせることになった。(以下略)