介護・福祉の最新ニュース

要介護度改善で成功報酬を 在宅サービス強化で給付費抑制 岡山市 介護で特区申請へ

<シルバー新報 10月5号>

岡山市は9月28日、国の「地域活性化総合特区」に、医療・介護分野の在宅介護サービス強化につながる11項目を申請した。在宅介護サービスの強化により、介護給付費や介護保険料抑制につなげる社会経済モデルの構築を目指す。岡山市によると、介護分野に特化した総合特区申請は全国初だという。(以下略)