介護・福祉の最新ニュース

ケアマネ指導 保険者主体で  厚労省あり方検「質向上」で方向性まとめ

<シルバー新報 10月12日号>

厚生労働省の「介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会」は10日、これまでの5回にわたる議論を踏まえ「今後の方向性」(案)をまとめた。保険者、地域包括支援センターが主催する「地域ケア会議」を通じ、地域のケアマネジャーを指導していくなど「保険者機能の強化」に重点が置かれている。委員からは「ケアマネ個人の資質の向上につながるのか」「保険者の教育も必要」など懸念の声もあがった。(以下略)