介護・福祉の最新ニュース

町屋を改造、小規模デイに 京都「ごゆるり倶楽部」 〝利用者同士の交流〟重要視

<シルバー新報 11月2日号>

京都市北区にある定員10人の小規模デイサービス「ごゆるり倶楽部・紫野」(水谷良次代表)は、大正時代末期に建てられた京町屋をリフォームしており、木造の古民家独特の落ち着いた雰囲気。「利用者同士の交流を一番重視している」と水谷さんが話す通り、昔からの友人のように利用者同士が仲良く過ごす姿が印象的だ。(以下略)