介護・福祉の最新ニュース

那覇市の「なごみ倶楽部365」 沖縄長寿をデイで全国へ 「冷やさない」「動く」に注目

<シルバー新報 11月23日号>

「なごみ倶楽部」は、那覇観光のメッカ、首里城のある首里に今年8月オープンした。
運営する「琉球福寿」は、沖縄北部のやんばる地域、特に長寿高齢者が多いことで有名な大宜味村で20年にわたり調査・研究を続けてきた琉球大学の平良一彦名誉教授の研究をベースに、このデイを立ち上げた。
平教授の研究によると、沖縄の長寿の要因は、豚肉や豆腐、海藻類を多く摂り食塩摂取量が少ないといった食生活や、年中行われている運動・散歩などの身体活動、盛んな余暇活動など、高齢者のライフスタイルそのものにあるという。
平教授は、そうした生活の知恵を継承・発展させるため、県内に全国のシニアの長期滞在・移住先となる「村」を作ったり、逆に沖縄発の拠点を全国に展開する構想を唱えている。