介護・福祉の最新ニュース

千葉で訪問介護フォーラム開催 「身体介護と生活援助は一体」 

<シルバー新報 12月14日号>

類型1本化現場から発信を
千葉県内で訪問介護サービスを行う事業者や関係する団体などが実行委員会を組織して毎年開催している「千葉・訪問介護フォーラム」。第14回目の会が9日、千葉市内で開催された。今後、本格化する社会保障改革や地域包括ケアシステムの推進の中では、ヘルパーの生活援助がさらに縮小される可能性がある。実行委員会の北昌司会長は「身体介護と生活援助は水のように溶けあって高齢者の自立を支えている。改めて、訪問介護の類型を区分することの是非も含めてヘルパーの生活援助に対する正当な評価を求めていこう」と呼びかけた。(以下略)