介護・福祉の最新ニュース

「介護だけなぜ1割負担」 介護納付金の総報酬割の提案も

<シルバー新報 12月14日号>

社会保障国民会議で本格議論開始
政府は7日、社会保障制度改革国民会議の第2回会合を開催した。 厚生労働省社会保障審議会の医療保険・年金・介護保険・児童部会の部会長が、これまでの議論や課題を説明し、質疑を行った。山崎泰彦神奈川県立保健福祉大学名誉教授は、40~64歳が負担している介護納付金に総報酬割を導入し、浮いた国庫負担分を低所得者対策にまわす持論を主張した。(以下略)