介護・福祉の最新ニュース

日常生活総合事業を本格化 大分県杵築市 自立支援型サービス徹底へ

<シルバー新報 12月21日号>

大分県杵築市は10月から介護予防・日常生活支援総合事業への取り組みを本格化させている。市が毎週開催している地域ケア会議で軽度者のサービスを振り分け、自立支援のケアマネジメントを徹底していく。
同事業は、介護保険法の改正で地域支援事業の中に創設された。要支援1,2だけでなく認定非該当の2次予防事業対象者に、予防、日常生活支援サービスを一体的に提供できる。地域の助け合い活動を利用するなど、全国一律の介護サービスと異なり、自治体の判断で柔軟に運用できるのもポイントだ。