介護・福祉の最新ニュース

高齢者虐待「施設」急増 制度定着で通報3割増 厚労省 全国調査の結果公表

<シルバー新報 12月28日号>

特別養護老人ホームなど介護施設の職員による高齢者虐待の件数が前年度の1・5倍に増え、過去最多の151件に上ったことが、厚生労働省が12月21日に公表した2011年度の
高齢者虐待に関する調査結果から分かった。相談・通報件数が増えたことに伴う。制度が定着し、施設内での虐待も表面化しやすくなったと言えるだろう。