介護・福祉の最新ニュース

イギリス・10の成果国民に約束 オランダ・ボトムアップで政策形成

<シルバー新報 2月1日号>

「認知症の国家戦略」でシンポ 少ない費用でより良いケア模索
東京都医学総合研究所は1月29日、イギリスなど5か国から関係者を招き「認知症国家戦略に関する国際政策会議」を開催した。少ない費用でより良いケアを模索しているのは各国共通だ。わが国とは「利用者の視点」で違いを感じた。厚生労働省は、「認知症初期集中支援チーム」を認知症対策の柱の一つに位置付け、来年度モデル事業を行う予定だが、参考にしているのは英国だ。