介護・福祉の最新ニュース

包括は〝地域づくり〟の要 地域ケア会議推進に悩む自治体

<シルバー新報 2月8日号>

「地域ケア会議の推進」。国が現在進めている保険者や地域包括支援センターの機能の見直しについて、戸惑いを感じている自治体は少なくない。東京都多摩市もその1つだ。今月1日、市内にある全6カ所の地域包括支援センターが一堂に会して活動を報告し合う研修会では、これまで包括が行ってきた多様な〝地域づくり〟の実践が明らかになった。今後目指す地域包括ケアの姿を模索する第1歩の位置付けだ。