介護・福祉の最新ニュース

介護予防「8件廃止」 考える会がアンケート

<シルバー新報 1月27日号>

ケアマネ6割が反対 時間外労働の増加懸念 業務負担の軽減策を

 
介護保険の未来を考えるケアマネジャーの会(世話人・白木裕子NPO法人ケアマネット21代表ら8人)がこのほど、全国のケアマネジャーを対象に予防プランの委託制限廃止について聞いたところ、約6割が反対と回答。同会は厚生労働省に対し、業務負担の軽減策などを講じるよう求めている。
 
同会は、会員のネットワークを活用しアンケートを実施するなどして、国などへの提言活動を行っている。
 
2012年度の介護報酬改定において介護予防の委託制限8件が廃止されるのを受けて、全国のケアマネ対象にアンケートを実施したところ、1週間で約1800人の声が集まった。(以下略)