介護・福祉の最新ニュース

グループホーム火災4人死亡 お泊まりデイで消防法改正目前

<シルバー新報 2月15日号>

長崎市の認知症グループホーム「ベルハウス東山手」(運営=アイ・エル・エス、桝屋幸子代表取締役)で8日、火災が発生し4人が死亡、2人が意識不明の重体となる大参事となった。総務省消防庁は、小規模多機能型居宅介護や自主事業で宿泊サービスを行っているデイサービスなど、グループホームと同じように宿泊機能を持つ小規模な介護事業所の防火安全対策を強化する政省令の改正を進めていた。その矢先に起きた事故だった。事故を受け、さらに規制強化の風向きが強まる可能性も出てきた。