介護・福祉の最新ニュース

科学的介護の実践を 全国老施協 名古屋で研究大会

<シルバー新報 3月8日号>

2700人が参加
全国老人福祉施設協議会(全国老施協、中田清会長)は2月27・28日の両日、名古屋市内で「平成24年度全国老人福祉施設研究会議」を開催。全国から2700人が参加した。テーマは、「地域を支える拠点施設として~科学的介護の実践」。2004年度から全国老施協が組織的に取り組んでいる「おむつゼロ」の取り組みなど科学的な根拠にもとづく介護の確立を目指し、現場職員らが日頃の実践の成果を報告した。