介護・福祉の最新ニュース

医療ケアできる介護職「特養に集中」 訪問介護は1割に満たず

<シルバー新報 3月22日号>

課題は民間研修機関の参入
介護職による医療ケアを合法化した改正介護福祉士法が施行されてから1年が経つが、医療ケアができる介護職がいるサービス事業所の半数は施行前から例外的に認められていた特養ホームが占めており、訪問介護は1割にも満たない832事業所しかないことが厚生労働省の集計データから分かった。医療ケアの研修を実施する登録研修機関も全国で154カ所止まり。来年度までは国の補助を受けて都道府県が研修を実施することもできるが、いつまでも予算を当てにはできない。民間ベースで研修機関を増やすかが2年目に向けた政策課題となりそうだ。