介護・福祉の最新ニュース

介護給付費分科会の新分科会長 田中滋氏に聞く 地域包括ケアの進化、改定にも 「5輪の花」から「鉢植え」に

<シルバー新報 4月12日号>

今年3月、厚生労働省の社会保障審議会介護給付費分科会の新分科会長に田中滋慶應義塾大学教授が就任した。田中教授は、2009年に「地域包括ケアシステム」の概念を打ち出した「地域包括ケア研究会」の座長であり、昨年度も同研究会を再開し「進化した地域包括ケアシステム」について議論を行っている。その論点は次期介護報酬改定のベースになると話している。