介護・福祉の最新ニュース

登録ヘルパー4割が収入減 ヘルパー協、報酬改定で調査 生活援助「短時間化」が進行

<シルバー新報 4月19日号>

日本ホームヘルパー協会(因利恵会長)はこのほど、訪問介護の報酬改定の影響で、登録ヘルパーの約4割が「毎月の収入が減った」とする「平成24年度介護報酬改定後の影響調査報告」をまとめた。訪問介護の生活援助の時間区分が「60分」から「45分」に変更された影響が時間給で働くヘルパーを直撃していると分析している。