介護・福祉の最新ニュース

兵庫県 特養を見守りの拠点に 生活援助員24時間体制で見守り

<シルバー新報 4月26日号>

兵庫県は今年度から、地域の高齢者を対象に、24時間体制で地域の高齢者に見守りサービスを実施する特別養護老人ホームを「地域サポート型特養」として認定し、生活援助員(LSA)の人件費や設備費を補助する取り組みを始める。新制度「兵庫式LSA24」として全国で初めて実施する。