介護・福祉の最新ニュース

介護職員初任者研修がスタート 首都圏で本紙調査 実習なしが5割強に 「様子見」で料金差は3倍

<シルバー新報 5月10日号>

長年親しまれてきたヘルパー2級に代わり4月から「介護職員初任者研修」がスタートした。本紙で1都3県の指定研修事業者に聞き取り調査を行ったところ、通学制・通信制ともにヘルパー研修よりは割高な設定となっていた。最も安いところと高いところの価格差は3倍。上乗せの工夫をすることで高くなっているところもあるが、受講生や周囲の事業者の動向が読めない中、様子見価格のところも少なくなさそうだ。