介護・福祉の最新ニュース

日本ケアマネ学会で講演 ゴスチャ氏  「人生に意義見出すケアマネジメントを」

<シルバー新報 6月14日号>

6月5~6日、日本ケアマネジメント学会は第12回研究大会(大会長・白澤政和氏)を大阪市内で開催した。アメリカの精神保健分野のソーシャルワーカーとして活躍するリチャード・ゴスチャ氏が、アメリカで利用者本位のケアマネジメントを実践するために重視されている概念「リカバリー」について紹介した。ゴスチャ氏は1980年代から高齢者や精神障害者、薬物中毒患者のソーシャルワークを行ってきた。