介護・福祉の最新ニュース

ポイント制で運動継続 熱海市 今年度から「健幸チャレンジ」開始

<シルバー新報 6月28日号>

学習やボランティアも対象
熱海市は今年度から新たに、健康にかかわる活動に参加することでポイントがつく「健幸チャレンジ」を実施している。縦割りを廃し、運動、学習、ボランティアなど4分野を対象とする。一定数ポイントを貯めると、景品と交換可能だ。 熱海市は高齢化率が静岡県内の市で最も高く、1人暮らしの高齢者も多い。他市町でも年齢の幅を広げて同様の事業が行われているが、対象を市内在住の65歳以上とした。現在、参加者の最高齢者はなんと93歳だ。