介護・福祉の最新ニュース

軽度者切り捨てを防ごう! 自治労 ハガキ作戦展開中 10月に集会、参加呼びかけ

<シルバー新報 7月12日号>

介護保険制度改正と介護報酬改定が同時に行われる2015年度に向け、全日本自治団体労働組合(自治労)は、軽度の人を保険対象外とすることや介護職員処遇改善加算の廃止といった見直しの大きな争点について、介護現場で働く人たちの声を反映させるための活動を本格的に開始する。軽度者への生活援助の予防効果の調査や、政策への意見を全国から募るハガキ作戦などを展開し、10月に国会周辺でアピール行動を行う。多くの介護職に協力と参加を呼び掛けている。