介護・福祉の最新ニュース

役割は在宅復帰だけじゃない! 全老健 金沢市の全国大会で議論

<シルバー新報 8月2日号>

地域のケアマネと連携 長期入所や介護者支援も
全国老人保健施設協会(木川田典彌会長)は7月24日から3日間、第24回の施設大会を石川県金沢市で開催した。老健の経営者や職員など約4800人が参加。「在宅復帰」や「地域包括ケア」などをテーマにした企画や発表が目立った。「在宅復帰」について考えるシンポジウムでは、施設を挙げた取り組みで在宅復帰率を2%から60%に上げたという施設と、地域のさまざまなニーズに応えようとすると在宅復帰・在宅療養支援機能加算がとれないと訴える施設が登壇。「在宅復帰は老健の重要な役割だが、それだけではない」と訴える内容だった。