介護・福祉の最新ニュース

地域支える社会福祉法人 大阪府社協老人施設部会

<シルバー新報 8月23日号>

生活困窮者 レスキュー10年前から 400施設で年9千万円拠出
大阪府社会福祉協議会老人施設部会に加入する400余りの施設が10年前から社会貢献として持 ち出しで取り組んできた「生活困窮者レスキュー事業」が改めて注目されている。社会経済情勢の 変化で、制度からこぼれる人のセーフティネットの必要性が高まっているとともに、非営利の社会 福祉法人の役割が厳しく問われるようになっていることが背景にある。大阪での取り組みをお手本 に、来年度以降は、首都圏でも取り組みが始まる見込みだ。