介護・福祉の最新ニュース

厚労省概算要求30兆円 介護の自然増5.9%と大きく 「社会保障の充実」は増税次第

<シルバー新報 8月30日号>

厚生労働省は27日、2014年度予算の概算要求をまとめた。一般会計総額は、今年度当初予算比3・8%増の30兆5620億円。2年連続の30兆円超で、要求段階では過去最大だ。年金、医療、介護などの自然増分9732億などによる押し上げ効果が働いている。消費増税が決まれば、年末の予算編成過程で「社会保障の充実」や、増税に伴う診療報酬・介護報酬への上乗せ財源を要求する。