介護・福祉の最新ニュース

医療・介護で5兆円抑制 厚労省  「国民の健康寿命延伸」で計画

<シルバー新報 9月6日号>

厚生労働省は8月30日、介護予防の推進や現役世代からの健康づくり、医療資源の有効活用などを推進し、2025年度時点の医療・介護費推計値から5兆円程度抑えることを目指すと発表した。「国民の健康寿命の延伸」を掲げ、各取り組みごとに費用削減額を示している。
「『国民の健康寿命が延伸する社会』に向けた予防・健康管理に係る取り組みの推進」と題した計画は、2025年に向けた具体的な取り組みと、その事業による医療・介護費の抑制効果をまとめた内容。