介護・福祉の最新ニュース

認知症GH説明会を初開催  東京にGH設置促進目指す

<シルバー新報 2月17日号>

日本認知症グループホーム協会東京支部(宮長定男支部長)は14日、認知症高齢者GHと小規模多機能型居宅介護事業所の事業開設説明会を都内で初めて開催した。東京都は地価が高いことなどもあり、認知症GHの設置が進んでいない。介護保険事業計画では、2011年度末までに7200人分を整備する予定だが、今年1月現在、6545人分にとどまっている。 開設説明会では、都の担当者が認知症GHの整備で受けられる補助金などについて説明した。(以下略)