介護・福祉の最新ニュース

地域ケア会議で担当者会議 厚労省

<シルバー新報 9月27日号>

既存資源の活用が近道
厚生労働省は20日、「地域ケア会議推進に係る全国担当者会議」を開催した。冒頭、朝川知昭老健局振興課長は、「社会保障改革国民会議の報告書でも地域包括ケアの構築が重要とうたわれている。地域ケア会議は、その重要な手段」とあいさつした。 地域ケア会議のポイントは、ただ、関係者が集まるだけでなく、個別事例の検討を通して地域の具体的な課題を把握するところにあるとされる。厚生労働省は自治体の業務として、次期の介護保険法改正で法定化する考えだが、自治体の動きは鈍いのが実情だ。