介護・福祉の最新ニュース

「ヘルパーべんり手帳」を監修 障害から自費サービスまで

<シルバー新報 11月8日号>

「できる」に思いを込めて
「ヘルパーに自信を持ってもらいたいから『できること』にこだわって、いろいろ提案させてもらいました」 そう話すのは、NPO法人グレースケア機構(東京・三鷹市)代表の柳本文貴さん。メディカ出版が刊行した「ヘルパーべんり手帳2014」を監修した。スケジュール管理だけでなく、訪問介護の一線で活躍しているサービス提供責任者やヘルパーに役立つ情報ページが充実しているのも特徴だ。その一つが「ヘルパーにできること・できないこと」。 カラーイラストを多用して、分かりやすく編集されている。