介護・福祉の最新ニュース

情報アクセシビリティでフォーラム 耳の不自由な人も「電話」 広がる「リレーサービス」

<シルバー新報 11月29日号>

国際標準化の動きも
全日本ろうあ連盟(石野富志三郎理事長)は22日から3日間、都内で聴覚障害者の情報保障について話し 合う「情報アクセシビリティ・フォーラム」を初開催した。23日に行われた国際ワークショップでは、聴覚 障害や言語障害を持つ人でも電話を利用できるようにする「電話リレーサービス」が各国で広がっている現状 が報告された。