介護・福祉の最新ニュース

認定介護福祉士創設へ 〝個人と地域〟支えるプロに

<シルバー新報 1月31日号>

協働・説明の実践力重要
介護福祉士取得後のキャリアパス構築に向け、現在モデル事業が進められている「認定介護福祉士(仮称)制度」。検討委員会の委員長を務める太田貞司聖隷クリストファー大学大学院教授は、地域社会で暮らし続ける環境を作り出す支援を目指し、ニーズに応じた介護チームを創る力を持った〝介護福祉士のリーダー〟の育成を目指しているという。