介護・福祉の最新ニュース

医療・介護で一括法案 2月初旬に閣議決定へ

<シルバー新報 1月31日号>

自民党合同会議が大筋了承
自民党の「社会保障制度に関する特命委員会・厚生労働部会合同会議」(写真)は29日、今国会に提出する医療・介護制度改正一括法案について大筋了承した。「地域包括ケアを推進する」という名目の下、一括法案として国会に提出することも了解されたかたち。2月7日にも閣議決定の予定だ。  一括法案の正式名称は、「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案」。予算関連法案として年度内の成立を目指す。29日に開かれた合同会議では、法案要綱や法案が示された。