介護・福祉の最新ニュース

診療報酬でも介護と連携

<シルバー新報 2月7日号>

地域ケア会議への医師参加を評価
中央社会保険医療協議会は2月5日の総会で、2014年度診療報酬改定の議論を終えた。個別の改定項目では、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームの複数入居者に対する訪問診療料を引き下げるほか、主治医意見書を書いたり地域ケア会議に出席している医師を評価する診療料の創設を盛り込んでいる。具体的な点数を示す答申は来週12日の予定だ。