介護・福祉の最新ニュース

介護人材確保に本腰 介護福祉士 業務独占も検討 

<シルバー新報 2月28日号>

厚労省武内人材確保対策室長 介護福祉士会20周年式典で
日本介護福祉士会(石橋真二会長)は22日、会創設20周年を記念した式典を都内で開催した。介護保険法等の改正と合わせ、突如として介護福祉士の資格取得方法の一元化が先送りされる法改正も行われることになったのに対し、厚生労働省社会・援護局福祉基盤課の武内和久福祉人材確保対策室長は「我々としても苦渋の決断。介護福祉士が専門性の高い資格であり、多くの人が目標として介護の現場で働きたいと思えるよう、実効性ある対策を打ち出していきたい」と話し、本腰を入れて人材確保に取り組む姿勢を見せた。介護福祉士の業務独占についても検討していく余地があるという。