介護・福祉の最新ニュース

「地域包括ケアは政府の目標」 原老健局長

<シルバー新報 2月28日号>

地域支援事業の見直し必要
厚生労働省の原勝則老健局長は会議冒頭のあいさつで、「地域包括ケアシステムの構築は、政府全体の目標と言っても過言ではない」と強調し、介護保険だけでなく、医療やその他省庁の政策でも目指されている概念であると紹介した。  原局長は「2014年は介護保険にとって大変重要な年」とした上で、①第6期の介護保険事業計画策定②介護保険制度改正③介護報酬改定――の3つを課題として挙げた。