介護・福祉の最新ニュース

3千平方m以上に義務付け 有床診のスプリンクラー

<シルバー新報 3月14日号>

消防庁が設置基準強化案提示
総務省消防庁は7日、「有床診療所火災対策検討部会」を開催し、延べ床面積3千平方m以上の有床診や病院にスプリンクラーの設置を義務付けることを提案した。避難困難な患者が入院する有床診・病院の場合は、面積にかかわらず設置を義務付ける案も提示。義務付け範囲を大幅に拡大する方針だ。27日にも会合が行われる。