介護・福祉の最新ニュース

技能実習制度は「廃止」に 「労働者」前提に新制度を

<シルバー新報 4月18日号>

日本弁護士連合会は4月3日、人権侵害が横行しているとして、現行の「外国人技能実習制度」の廃止を訴える会長声明を発表した。政府は先日、実習制度の監理・運用体制を強化した上で建設分野で元技能実習生を活用したり、技能実習を介護分野へ拡大する方針を打ち出したが、これに反対している。