介護・福祉の最新ニュース

全プログラムに“元気になる”根拠あり ICFと連動 3カ月毎に評価 夢のみずうみ村

<シルバー新報 5月16日号>

近年、全国から見学や視察が絶えないデイサービスとして知られる「夢のみずうみ村」。利用者自身が目標を決め、プログラムを選ぶ自己選択・自己決定方式を筆頭に、その独特の運営方法を取り入れる現場も増えているが、200種類以上あるプログラムの1つひとつにも生活機能の向上や要介護度の改善を生み出すための根拠がある。